Et in terra pax official BLOG | Category : playacting <font face="Optima">Et i terra pax official BLOG</font>

recommend "playacting" 1

#nowreading

「お芝居」とは、こういうものですよね。
真剣に役に向かい合って芝居に取り組んできた役者さん達は皆、その役の数だけ人生を生きます。
ですから、内面的な経験値が上がり、人として深く成長なさる方が多いです。
それが習得できると、さらにまた複雑な役を表していけます。
とてもお若い頃からその作業を熟知してらしたからこそ、神木さんは優れた役者さんになられたのでしょう。

この記者の方は、非常に上手くその仕事について書き表していらっしゃいますので、お芝居に興味のある方は、ぜひご一読ください。

「お芝居」に取り組むということはまず、一人の人間を深く理解する行為であるということを端的に表している、記者の人間理解のあり方を語った部分を引用しておきますね。

> おかしなところもあるけれど、人間にはいいところもあれば困ったところもある。その配分を精密に理解することが、人間ひとりひとりを認めあうことなのだという真理


▪︎ 文春オンライン「神木隆之介」さんについての記事
https://bunshun.jp/articles/-/66074





Pagination

Utility

profile

Eitp

  • Author:Eitp
  • Et in terra pax is an theater-performance team formed by the performer Kohya Arimura(有村肯弥) in 1991.
    This is solo project of her.
    The project is combine the silent solo performance with the border transgressive space created by music, art, video, text and lighting, in order to show a manifestation of consciousness and sensitivity.
    And continue to produce a solo stage of her is reading+sounds+Scenic art of a new style in recent.

    "Et in terra pax, hominibus bonae voluntatis."
    〈And peace in the earth, for the good faith people.〉

calendar

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

news

Twitter

armr < > Reload

Search this blog

月別アーカイブ