Et in terra pax official BLOG | Category : stage <font face="Optima">Et i terra pax official BLOG</font>

2012『耳なし芳一』記録映像

  • 2016/12/05 06:25
  • Category: stage
耳なし芳一(竹田2012)

2012年に大分県竹田市の碧雲寺で行った公演『耳なし芳一』の
記録映像を、臨時に期間限定でULしてあります。
音声も映像も未編集で、50分以上ある動画です。
動画開始から21分あたり、住職のつく鐘の音から本編が始まります。
ご興味お有りの方は是非ご高覧ください。

※ 編集が済み次第、再度ULしなおす予定です。

"Humidity of Transmission" from past works

  • 2016/11/07 17:52
  • Category: stage
blog.jpg

There is a contact from the women who are the study of architecture at the University of Spain, was the inquiry about the collaboration work with Kengo Kuma's 1996.
Very thankful that she can interested also beyond national borders and times.

I sent the English commentary statement.
hope useful for her.






過去の舞台作品 観客レヴュー

  • 2016/08/08 12:18
  • Category: stage
お客様がご自身のブログに、Et in terra pax 過去作品の
レヴューを書いてくださっています。
時系列順にまとめてご紹介いたします。
舞台がどういうものだったのか解りやすく書かれていますので
是非ご一読ください。
 

Et in terra pax 関心空間 (1993〜2005年)
 http://www.kanshin.com/keyword/89364
 
桂的工房〜KEI'S FACTORY〜 ‘朗読会『耳なし芳一』’ (2005年)
 http://20040209.way-nifty.com/keifactory/2005/07/post_746a.htmll
 
亭主の日乗「借景に冬木の影や池袋」(2008年)
 http://yaplog.jp/hiroshimaya/archive/1279
 
t_AGCH blog ‘朗読。’ (2013年)
 http://greenhorn2011.blog24.fc2.com/blog-entry-367.html

公演情報 - 続報

  • 2015/08/21 22:48
  • Category: stage
明照寺(中)

11月以降に上演が決定している Et in terra pax reading『耳なし芳一』ですが、今回は鹿児島県鹿屋市で行った明照寺ヴァージョンに近い、Reading+Sound+Dance の形になります。
出演者・スタッフは既に決定しております。
引き続き、発表までお楽しみにお待ちください。

次回公演制作進行中

  • 2014/12/18 18:00
  • Category: stage
ご報告が遅くなりました。
私の咳喘息が長引いたり、タッグを組む方の目のご病気などで進みがゆっくりになってしまいましたが、お知らせ通り、来年の中頃を目処に、コラボレーションで Reading Performance 作品を上演いたします。
現在、制作等、鋭意で進めております。
具体的に発表できる段階になりましたら、またあらためてお知らせいたします。
どうぞ今暫く、楽しみにお待ちください。

公演延期のお知らせ

  • 2013/05/12 15:44
  • Category: stage
本年7月に「あすぱる大崎」さんにて予定しておりました新作公演は、諸般の事情により来年以降へ延期することが決定いたしました。
楽しみにしていてくださった皆様へは大変申し訳ございません。
新作は必ず同会場で、来年以降上演いたしますので、どうか今暫くお待ちくださいますよう、お願い申し上げます。

YouTubeで視聴できる過去作品のご案内

  • 2013/04/02 13:16
  • Category: stage
只今 Et in terra paxは、7月の新作公演へ向けて鋭意制作中です。
公式にご報告できる段階になりましたら随時このBLOGでお知らせいたします。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

本日は、Et in terra paxの過去の舞台作品の中からYouTubeでダイジェストをご視聴いただけるものをご紹介いたします。
ご高覧いただけましたら幸いです。

■ Humidity of Transmission〈転送の湿度〉
 Humidity
http://youtu.be/8CQbvjPjZTI
建築家 隈研吾氏とのコラボレーション作品。
舞台公演の様子を映像にまとめたものです。
隈氏の3カ所の建築物で行ったパフォーマンスを映画監督 黒澤潤氏が撮影し、
その映像を会場の、表面を水がつたう巨大なアクリル板へ投影。
さらにその後ろでパフォーマンスを行っています。
公演は3日間のみ。
展覧会会期中はオブジェを含むビデオインスタレーション作品として展示。
(参照:http://twitgoo.com/64ggp2


■[nòu rúːm](読み:ノールーム)
 noroom
http://youtu.be/doPKVyWDA5w
現代美術家 平野治朗氏とのコラボレーション作品。
今はなき渋谷SEED HALLを逆舞台に使っています。
“白いアクリルで覆い尽くされた舞台空間、壁に埋め込まれたモニターと
ファクシミリ、天井から吊り下げられたヘッドフォン、三方の壁面には音声反応する
LEDとスピーカーが組み込まれた椅子の装置群が並ぶ。
さらにこの空間の外延にはもう一つの舞台空間が設営され、それぞれ独立した音響回路と
照明装置を配置した二つの「入れ子」空間は、三つの扉を通して出入りする様々な装置群・
音・光の交流により、自在に交錯し、融合し、反転する。
「内と外の境界をさ迷う2100年のアリス」。”


■ Lafcadia(読み:ラフカディア)
 Lafcadia
http://youtu.be/wknMR__A-Yk
プロデューサー降板により長期保留中の長編新作トレイラー。
ラフカディオ・ハーンの文学作品をもとに、彼の妻セツを語り手とし、
ハーンの人間像へ迫りながら幻想的な世界へ誘う作品です。
スポンサーを募集しております。

満員御礼

  • 2013/03/08 23:11
  • Category: stage
Plant-Animal舞台写真
Stage Photo by (c) tuki-imk

3月2日(土)に公演いたしました Et in terra pax Reading presents『Plant-Animal』へは、大変多数のご来場を賜り、
好評のうちに幕を閉じました。
お越し下さった皆様、誠に有り難うございました。
少しだけですが公演の舞台写真をアルバムにいたしましたので
お知らせいたします。
■Facebook Album
http://www.facebook.com/media/set/

Ustream配信時のアーカイヴはどなたでもご覧いただけるよう
設置してあります。
全編約40分です。
ご興味お有りの方は是非ご覧下さい。
■『Plant-Animal』Stage Movie
http://www.ustream.tv/recorded/29669905

公演第2部「アフタートーク」にゲスト出演してくださいました、現代音楽作曲家 田口和行さんがレポートを書いてくださっています。
■朗読。
http://greenhorn2011.blog24.fc2.com/blog-entry-367.html

同じく、福岡在住 現代音楽作曲家の池田圭佑さんがリアルタイムUstream配信をご覧になり、ご感想をお寄せくださっています。
■Facebook投稿より
http://www.facebook.com/keisuke.ikeda.940/posts/298573596938252


※なお次回は7月、「あすぱる大崎 展望室」をお借りしての新作公演になります。
詳細は追ってまた、このofficial BLOGやFacebookページ、主宰有村肯弥のTwitter等でお知らせいたします。
志布志湾を一望する素晴らしいロケーションでのパフォーマンスを、皆様お楽しみにお待ちいただけましたら幸いです。
■Et in terra pax official BLOG http://eitp.blog2.fc2.com/
■Et in terra pax Facebookページ http://www.facebook.com/eitp.hbv
■有村肯弥Twitter https://twitter.com/armr

『Plant-Animal』チケット取り扱い

  • 2013/03/01 10:39
  • Category: stage
〈Et in terra pax Reading presents『Plant-Animal』公演
前売りチケット取り扱いについて〉


※本公演の前売りチケットは定員40名に達し次第、販売を終了いたします。
各指定ご購入日時を過ぎますと、受付での当日券ご購入となりますのでお気を付けください。


■前売りチケット取扱店

・アメタ食堂
 http://ametasyokudou.com/ ※3月1日17時まで
・美容室Valetta
 http://valetta.jimdo.com/ ※3月1日17時まで
・サウンドガレージ鏡堂(会場隣)
 http://www3.synapse.ne.jp/kagamido/ ※3月2日17時まで

■その他

・Eメール(事務局:info@eitp.org)※3月2日14時まで
・お電話予約(事務局:0994-41-2420)※3月2日19時まで
・SNSでのコンタクト(Et in terra paxか有村肯弥宛に)※3月2日14時まで


※公演案内:http://eitp.blog2.fc2.com/blog-entry-182.html
       http://www.facebook.com/events/198627430279119/

ラジオ放送音源

  • 2013/03/01 00:22
  • Category: stage
Et in terra pax Reading presents『Plant-Animal』関係のトークを行った番組を録音した音源です。
少しでも何か、公演ご鑑賞の手引きのようなものとなれば幸いです。
お聴き逃された方、ご興味お有りの方は、是非!
 ※著作権の関係で音楽の部分は極力カットしてあります。


■2/21(木)放送分 FMかのや『笑花のハッピートルネード』
  ゲスト:有村肯弥
  (鹿屋で生まれ育って東京へ行ったパーソナルな話)
   ※CLICK! → http://www.eitp.org/221.mp3
 
■2/28(木)放送分 FMかのや『笑花のハッピートルネード』
  ゲスト:有村肯弥
  (2/24アメタ食堂でのパフォーマンスの話 〜 3/2公演『Plant-Animal』の話)
   ※CLICK! → http://www.eitp.org/228.mp3

『Plant-Animal』ご協力者一覧

  • 2013/02/28 22:56
  • Category: stage
2013年3月2日(土)鹿屋公演『Plant-Animal』関係者及び、
ご協力くださった皆様をご紹介いたします。
今回は、このような布陣になります。
Plant-Animal協力者一覧


【出 演】

第1部
 
Et in terra pax Reading presents『Plant - Animal』
Reading + Performance:有村 肯弥(Et in terra pax)
Usher:熊谷 翔(Kanoya Actors Lab.)

第2部
 
アフタートーク
トークゲスト:田口 和行 / トーク・質疑応答:有村 肯弥


【スタッフワーク】

コンセプト・舞台美術・音楽・衣装:有村 肯弥
照明・音響:了徳寺 洋
宣伝美術協力:多賀 清子

受付:よしだ みよこ
観客誘導:園田 浩一郎 / 熊谷 翔
広報協力:四元 朝子 / 園田 浩一郎 /盛 謙司
制作協力:盛 謙司 / 見藤 素子

舞台写真撮影:岩元 進二郎
記録動画撮影 / Ustream配信:やんだ だすのり

協力:Bar Bottoms Up!  石橋 賢治
   SOUND GARAGE 鏡堂  了徳寺 洋
   ホームセンターきたやま 熱帯魚コーナー  大迫 仁志
   木場 修二
   窪 桂一郎
   田口 和行

協 賛:Araheam

企画・制作・主催:Et in terra pax


【Special Thanks!】

・アメタ食堂
・美容室 Valetta
・マイティブランチ
・Araheam
・Books Misumi TSUTAYA
・cafe VOLCANO
・OMEGA SEVEN
・美容室 Flower*s
・アートギャラリー利重
・アリムラ運転代行
・いろり ここから・・・
・洋服雑貨店 イタリア・ト・フランス
・セレクトショップ ベランダ
・SABEE SHOP
・チャイナワン
・マルヤガーデンズ
・鹿児島大学
・鹿児島国際大学
・ファミリーレストラン ジョイフル 北田店
・DominoBar
・Bar TIMELESS
・word up
・AIM HIGH
・鹿屋市体育館
・ケーキハウス ドルチェ
・Flowers&Design ROSE TEA
・美容室 Heart-Link
・美容室 Appli
・美容室 Ash
・美容室 Hair Dream
・美容室 faro(BENCH)
・都城まちづくり株式会社
・shop&café Shasta
・鹿児島国際大学 公演「マタイ受難曲(全曲演奏)
・宝山ホール
・鹿児島市立美術館
・鹿屋市役所
・鹿屋市記者クラブ
・明照寺
・Foods Bar 杏
・プランニングプロダクション プラナド
・鹿屋市文化会館
・レストラン ロートレック
・中町中央ビル
・レトロフトチトセ
・レトロフトチトセ・ブックパサージュ
・ギャラリー杜
・D&DEPARTMENT
・café corda
・公演「バロック・現代リコーダー作品による演奏会~時空を超えて~」
・Good Nighbors
・Ten-Lab
・丁子屋
・南日本銀行 鹿屋支店
・セカンドストリート
・文具雑貨館もりやま
・男と女のヘアサロンかみくぼ
・創作ダイニングBar ゆるい
・菓子工房 亜ん寿
・Sounds & Foods Bar Weiβ
・道の駅くにの松原おおさき総合案内所(あすぱる大崎敷地内)
・フラワー&アロマ Little Door
・ENEOS 寿店
・㈱大地ホーム
・ファッションプラザ Be-One
・整骨院 さくら
・薬膳カフェ ホワイトローズ
・電脳遊園地 ハリケーン
・南 研
・粉川 一機
・Kaz Mashino
・笑花
                  (順不同・敬称略)

メディア・アピアランス

  • 2013/02/05 00:13
  • Category: stage
現在までのメディア・アピアランス状況をお知らせいたします。
(※随時、加筆いたします)

雑 誌
 ・TJカゴシマ 3月号〈告知掲載〉2/19発売(火)
 ・ダンスワーク〈紹介記事・公演後舞台評掲載〉※東京刊行ダンス誌 2/?-3/?
新 聞
 ・南九州新聞〈紹介記事・告知掲載〉2/9 発売
      http://twitpic.com/c2z9k8

 ・南日本新聞17面「373ワイド 芸ナビ」欄〈紹介記事・告知掲載〉2/27 発売
      http://twitpic.com/c75zk8

 ・南日本新聞「みなみのカレンダー」欄〈告知掲載〉2/28 発売
      http://twitpic.com/c7in32


ラジオ
 ・笑花のハッピートルネード〈出演・告知〉
    2/14(木) 12:00〜 FMかのや「アメタ食堂開店2周年記念イヴェント」について
    ※ストリーミング生放送あり
      http://www.0033fm.net/nethousou_1.html

 ・おおすみおはようラジオ!〈告知〉
    2/18(月) 7:50〜公演まで毎日 FMかのや(ペアご招待券プレゼント付き)
    ※ストリーミング生放送あり
      http://www.0033fm.net/nethousou_1.html

 ・RadioBurn〈告知〉
    2/23(土) 21:25頃~ MBCラジオ『Plant-Animal』について
    ※Ustream生放送あり
      http://www.mbc.co.jp/radio/radioburn/index.html

 ・笑花のハッピートルネード〈インタヴュー出演・告知〉
     2/28(木) 12:00〜 FMかのや『Plant-Animal』について
    ※ストリーミング生放送あり
      http://www.0033fm.net/nethousou_1.html

 ・気ままに思いつくままに〈告知〉
     3/1(金) 12:00〜 FMかのや『Plant-Animal』について
    ※ストリーミング生放送あり
      http://www.0033fm.net/nethousou_1.html


ライヴ
 ・アメタ食堂2周年ライヴ&トーク〈パフォーマンス出演・告知〉
    2/24(日) 15:45〜 アメタカオルさんのライヴへ1曲出演
    ※Ustream生放送あり http://goo.gl/pyF2C


掲示板
 ・MBC「みんなの告知板」〈告知〉
     http://cpi.mbc.co.jp/dbsites/poster/poster15.php

 ・SYNAPSE「かごしまイベントカレンダー」〈告知〉
     http://event.synapse.jp/2013/03/02/

 ・天文館どっとこむ「みんなで作る鹿児島イベントガイド」〈告知〉
     http://goo.gl/WlLOA

 ・ネットTAM「情報掲示板」〈告知〉
     http://www.nettam.jp/bbs/detail.php?no=7660

ゲスト出演告知(LIVE)

  • 2013/02/02 09:40
  • Category: stage
「アメタ食堂2周年記念ライヴ&トーク」

主宰 有村肯弥が、アメタ食堂さんのイヴェントへゲスト出演させていただくことになりました。

日程:2/24(日)
時間:12:00オープン(乾杯15:00)
会場:森のお屋敷カフェ「アメタ食堂」
入場料:一品持ち込み(マイ箸マイ皿マイコップ持参)/または¥1,000
有村の出番:15:45頃から1曲のみ
 ※Ustream中継あり チャンネルはこちら → http://goo.gl/pyF2C
詳細http://ametasyokudou.com/(アメタ食堂ホームページ)

音楽家アメタカオルさんの『雪の次の日 風の強い日』というピアノ弾き語り曲と、数寄屋書院造り14DKのお屋敷カフェ「アメタ食堂」さん店内の雰囲気に合せてのコラボレーションで、久しぶりに ‘動きのみ’ のパフォーマンスです。
アメタカオルさんの出番は15:30頃からですが、Ustream中継は15:45頃からになります。

動きのパフォーマンスは有村の本分ですので、面白がっていただけるのではないかと考えております。
アメタ食堂開店1周年記念にゲスト出演した際と同じスタイルではなく、東京でしか行ったことのないパフォーマンスアートの形ですのでお楽しみに。
皆様お時間よろしければ是非、ご来場およびご視聴ください。

『Plant-Animal』プレスリリース

  • 2013/01/31 01:25
  • Category: stage
Plant-Amimal flyer1 Plant-Amimal flyer2

来たる3月2日(土)、鹿屋市 Bar Bottoms Up! で行う運びとなりました
‘Et in terra pax Reading presents『Plant-Animal』’ の、報道機関向け
プレスリリースをご用意いたしました。
どなたでもご覧いただけるよう、pdfファイルでアップロードしてあります。
記者の皆様、告知やご紹介記事をお書きになる際、是非ご利用ください。

■プレスリリースURL
http://www.eitp.org/0302press_release.pdf

■公演詳細
http://eitp.blog2.fc2.com/blog-entry-182.html

フライヤー/ポストカード設置場所

  • 2013/01/30 21:23
  • Category: stage
3月2日(土)鹿屋公演『Plant-Animal』の、フライヤーならびポストカードを置かせていただいている店舗・機関をご紹介いたします。
いずれも魅力的な所ですので是非足をお運びの上、フライヤーをお持ち帰りいただけましたら幸いです。
※随時加筆いたします。(順不同・敬称略)

・Bar Bottoms Up!〈公演会場〉
・サウンドガレージ鏡堂 〈前売りチケット取扱店/会場オーナー〉
 http://www3.synapse.ne.jp/kagamido/
・アメタ食堂〈前売りチケット取扱店〉 http://ametasyokudou.com/
・美容室 Valetta〈前売りチケット取扱店〉http://valetta.jimdo.com/
・マイティブランチ http://www.mighty-web.com/shoplist.html
・Araheam http://araheam.com/
・美容室 Flower*s http://www.facebook.com/DaiichiBridalSalon.flowers
・Books Misumi TSUTAYA http://kk-misumi.jp/shop004117
・cafe VOLCANO http://volcano.chesuto.jp/
・OMEGA SEVEN http://seven.omega.ne.jp/
・アートギャラリー利重 http://rijyu8.blog.fc2.com/
・アリムラ運転代行 http://www.arimura3.com/
・いろり ここから・・・http://aiainfo.seesaa.net/article/153257091.html
・洋服雑貨店 イタリア・ト・フランス http://www.italietofrance.com/
・セレクトショップ ベランダ
・SABEE SHOP
・チャイナワン http://www.china-one.jp/
・マルヤガーデンズ〈鹿児島市〉http://www.maruya-gardens.com/
・鹿児島大学〈教育学部音楽美術棟〉http://daigakujc.jp/kagoshima-u/
・鹿児島国際大学〈8号館〉http://www.iuk.ac.jp/
・鹿児島国際大学〈音楽学科など〉http://www.iuk.ac.jp/
・ファミリーレストラン ジョイフル 北田店 http://www.joyfull.co.jp/
・DominoBar〈鹿児島市〉http://ameblo.jp/dominonight/
・Bar TIMELESS〈鹿児島市〉http://timeless099.com/
・word up〈鹿児島市〉http://goo.gl/BS0Pg
・AIM HIGH〈鹿児島市〉http://aimhigh099.cart.fc2.com/
・鹿屋市体育館 http://www.e-kanoya.net/htmbox/sports/index.html
・ケーキハウス ドルチェ http://goo.gl/3ISBj
・Flowers&Design ROSE TEA http://www.eflora.co.jp/shop/rosetea/
・美容室 Heart-Link http://goo.gl/NCAIj
・美容室 Appli http://goo.gl/SqJ1x
・美容室 Ash http://goo.gl/xpAko
・美容室 Hair Dream http://goo.gl/DJkie
・美容室 faro(BENCH) http://funkago.chicappa.jp/item/faro/
・都城まちづくり株式会社 http://www.machidukuri-miyakonojo-city.jp/
・shop&café Shasta〈鹿児島市〉
・鹿児島国際大学 公演「マタイ受難曲(全曲演奏)」於:県民交流センター
 http://www.iuk.ac.jp/ongaku/matthaus/index.html
・宝山ホール(鹿児島県文化センター)http://www.houzanhall.com/
・鹿児島市立美術館 http://kagoshima.digital-museum.jp/artmuseum/
・鹿屋市役所 6階 生涯学習課 http://goo.gl/DCzSs
・鹿屋市役所 1階 http://www.e-kanoya.net/
・鹿屋市記者クラブ 計8件(プレスリリース込み)
・明照寺
・Foods Bar 杏
・プランニングプロダクション プラナド
・鹿屋市文化会館 http://www.omega.ne.jp/rosy-town/kch/
・レストラン ロートレック http://lautrec2.exblog.jp/
・中町中央ビル〈鹿児島市〉
・レトロフトチトセ〈鹿児島市〉http://www.retroftmuseo.com/
・レトロフトチトセ・ブックパサージュ〈鹿児島市〉http://goo.gl/apjAc
・ギャラリー杜〈鹿児島市〉http://goo.gl/FQhLx
・D&DEPARTMENT〈鹿児島市〉http://www.d-department.com/jp/
・café corda〈鹿児島市〉http://www.corda.jp/
・「バロック・現代リコーダー作品による演奏会~時空を超えて~」
  於:マリンパレスかごしま http://goo.gl/0hbQ3
・Good Nighbors〈鹿児島市〉http://good-neighbors.info/
・Ten-Lab(テンラボ)〈鹿児島市〉http://www.ten-lab.org/
・丁子屋〈鹿児島市〉http://chojiya.com/
・南日本銀行 鹿屋支店
・セカンドストリート http://www.2ndstreet.jp/shop/detail/30456
・文具雑貨館もりやま http://www.osumi.or.jp/moriyama/
・男と女のヘアサロンかみくぼ http://goo.gl/SHkPb
・創作ダイニングBar ゆるい http://goo.gl/ahqMX
・菓子工房 亜ん寿 http://asunavi.net/tenpo/anjyu.html
・Sounds & Foods Bar Weiβ
・道の駅くにの松原おおさき総合案内所(あすぱる大崎敷地内)
 http://www.osakikankou.com/
・フラワー&アロマ Little Door http://www4.ocn.ne.jp/~door2008/
・ENEOS 寿店
・㈱大地ホーム http://daichi-home.com/
・ファッションプラザ Be-One http://goo.gl/LsqJ1
・整骨院 さくら http://www.jusei.gr.jp/461067/461067.htm
・薬膳カフェ ホワイトローズ http://r.gnavi.co.jp/6267165/
・電脳遊園地 ハリケーン http://hurri.jugem.jp/

                ご協力ありがとうございます!!

公演告知

  • 2013/01/21 15:51
  • Category: stage
Et in terra pax Reading presents
Plant-Animal

Plant-Amimal flyer1 Plant-Amimal flyer2

Siriに“生きるって何だろう?”と訊ねたら、
“生とは、植物や動物を無生物と区別する状態です。
成長、再生産、機能的活動、そして死に至るまでの継続的な変化の能力が含まれます。”
と、返事があった。


日時:2013年3月2日 土曜日 開場:20:00/開演:20:30

場所:Bar Bottoms Up!
   (鹿児島県鹿屋市大手町2-17-2F Phone: 0994-44-3933)

   ※会場にお客様用駐車場はございませんのでご留意ください。

料金:前売¥2,500/当日¥3,000(ともに1drink付) ※40席限定/全席自由

予約・問い合わせ:info@eitp.org
   ※メールご予約順に整理番号が発行されます。
     当日は整理番号順にご入場いただけます。



【作品解説】

本作Et in terra pax Reading presents『Plant-Animal』は、2011年10月、主催 kmac(熊本アートセンター)により招聘され、熊本県熊本市「早川倉庫」に於いて初演。今回は2度目、郷里(鹿屋)での公演となります。
本作で選出したテキストは、解剖学界の異端、故・三木成夫氏の論文であり、「既成の体系からこぼれたものに目をそそぎ、文学的香りをもって説かれたその学問は、文理融合のすぐれた実例でもある」と、歯学博士 後藤仁敏氏から評されています。
ステージは極めてシンプル。テーブルトップ機材と、イメージ喚起を補助する幾つかの舞台美術がセットされているのみです。
朗読中に使用される音源は全てインターネットよりダウンロードされたフリー素材で、アップロードした匿名の人物と、それを使用する不特定多数のユーザー間に交わされる、無償で共有する普遍的価値観に着目し、後に音場として再構築するパフォーマンスへと移行します。



第1部

Plant-Animal
  Reading + Performance:有村肯弥(Et in terra pax)

有村 肯弥(アリムラ コウヤ/舞台芸術作家・演出家・パフォーマー)
鹿屋市出身。幼少時より新劇に親しみ86年役者デヴュー。演劇活動・プロデュース公演等を経て91年 Performance art unit「Et in terra pax」結成、主宰。新宿パークタワーホール/青山スパイラルホール/ソウル国立劇場等でパフォーマンスアートの一人舞台を行う。01年 映画プロダクション カミングスーン主催「NOTHING BUT FILMSワークショップ」にて参加者65名中、最優秀演技者賞受賞。07年 帰郷~現在においても九州各地や東京で舞台作品を発表。現在、CM等に出演しながら俳優塾「Kanoya Actors Lab.」代表・塾長。若者の育成に務め、Et in terra paxも継続。
Et in terra pax official BLOG:http://eitp.blog2.fc2.com/
Myspace:http://jp.myspace.com/et_in_terra_pax
Facebook:http://www.facebook.com/eitp.hbv
Twitter:https://twitter.com/armr

朗読テキスト:
三木成夫(1925-1987 解剖学者)
『海・呼吸・古代形象―生命記憶と回想』(うぶすな書院、1992年)所収
「動物的および植物的―人間の形態学的考察」より
“三、植物的および動物的―「遠」の観得と「近」の感覚”


テキスト解説:
〈こころ〉とわたしたちが呼んでいるものは内臓のうごきとむすびついたあるひとつの表出だ。また知覚と呼んでいるものは感覚器官や、体壁系の筋肉や、神経のうごきと、脳の回路にむすびついた表出とみなせばよい。わたしはこの著者からその示唆をうけとったとき、いままで文字以降の表現理論として展開してきたじぶんの言語理念が、言語以前の音声や音声以前の身体の動きのところまで、拡張できると見とおしが得られた。————吉本隆明(解説より)





第2部

アフタートーク
  トークゲスト:田口和行 / トーク・質疑応答:有村肯弥

田口 和行(タグチ カズユキ/作曲家)
1982年、鹿児島県鹿屋市生まれ、同市在住。鹿児島大学教育学部数学専修中退。作曲は独学で、数的アプローチによる美の空間を求めている。第26回日本現代音楽協会作曲新人賞富樫賞/第2回広島作曲コンクール第1位/上田希リサイタル「毒っとクラリネット!」公募選出作品第1位/eX.16「マグナムトリオ、現代音楽を吹き飛ばす。」公募招待作品/日本現代音楽協会アンデパンダン展2011招待作品。テナーリコーダーとピアノのための《Daydream Dance I》がドイツのEdition Tre Fontaneより出版されている。昨年から鹿児島にて、国内外で活躍の演奏家による現代音楽に特化した自主企画を始めた。
Blog:http://greenhorn2011.blog24.fc2.com/
Twitter:https://twitter.com/t_AGCH
Facebook:http://www.facebook.com/kazuyuki.taguchi.10
 

※このたびは現代音楽界の気鋭、作曲家 田口和行氏をトークゲストへお迎えした2部構成となります。
この顔合わせならではの面白いお話ができるだろうと、私自身今からワクワクしております。
皆様、お友達お誘い合わせの上、是非ご来場ください。

1/25 EVENT 終了

  • 2008/01/31 21:43
  • Category: stage
1.jpg


1/25に東京で行ったイヴェント、『Les nouveaux decadents Vol.1 ~退廃・虚無・耽美らへのオマージュ~』が終了した。
手前味噌だが、シンプルながら熱い、なかなか良いイヴェントだった。
様々な朗読スタイルを鑑賞できるという意味でも、とても意義のある企画だったのではなかろうか。
今回見逃した方は非常に残念な事をした、と自信を持って申し上げられる。
終えた今になっても極めて充実感が残るものとなった。本当にやって良かった。

自分の出し物については結果的に、
金井美恵子さんの耽美頽廃で虚無的なテキストをSF文学的世界観に持っていき、今までの「朗読」の中では一番Et in terra paxらしいものになっていたのではないかと思う。
手応えを感じた。

イヴェントに参加してくださった出演者の皆さん、スタッフの皆さん、
そして何よりも観客の皆さん、本当に心から感謝しています。
どうも有り難うございました。

イヴェントのご案内

  • 2007/11/28 02:29
  • Category: stage
post.jpg


突然ですが、来年1月、
『Les nouveaux decadents Vol.1 ~退廃・虚無・耽美らへのオマージュ~』
というタイトルの朗読イヴェントを主催・出演する運びとなり、現在その準備に追われております。

会場は重要文化財でもある「自由学園 明日館/ラウンジ・ホール」。
旧約聖書出エジプト記を題材にした壁画を前に、
‘退廃・虚無・耽美らへのオマージュ’がテーマのイヴェントを行うなんて
バチあたりもいいところですが、朗読という行為に真摯に向き合う催し物だという事で
赦して頂ければ幸いと思っております。

出演は各界の、退廃・虚無・耽美シーンに縁の深い方々。
競演者の中では一番それらから遠い所にいる感じの私は、今回、
オマージュという形で意を表しようと思っています。

なお、私の朗読にはyufのsusa君が映像を付けてくれる予定です。
ご期待あれ(宣伝美術は同じくyufのkaname君でした)!

破線以下の情報と添付画像は転載可です。
告知にご協力賜われれば有り難いです。

たくさんのお運びをお待ち致しております。
宜しくお願い申し上げます。

追伸:時期が近づいたらDMを出しますが、今回は招待券は出せません。すみません。

------------------------------------------------------------------------------------

「Les nouveaux decadents Vol.1 ~退廃・虚無・耽美らへのオマージュ~」

日 時:2008年1月25日(金曜日)午後6時50分開場/7時開演
会 場:自由学園 明日館 ラウンジ・ホール(http://www.jiyu.jp/)
   (住所:東京都豊島区西池袋2-31-3 電話:03-3971-7535)
    ◎JR池袋駅メトロポリタン口より徒歩5分/JR目白駅より徒歩7分
料 金:予約2,300円/当日2,500円
出演者:黒瀬珂瀾(歌人)
    常川博行(朗読者)
    由良瓏砂(人形作家/パフォーマー)+永井幽蘭<ピアノ演奏>
    有村肯弥(パフォーミング・アーティスト)+須佐岳彦<映像> ※出演順
    ◎上記出演者たちによる朗読のイヴェントです。
     座席数に限りがありますので、お早めのご予約をお勧め致します。
予約・問い合わせ:info@eitp.org

4/29, 30「ELITE・ア・ラ・カルト・ショー」告知

  • 2006/04/04 11:20
  • Category: stage
今年2月から演出と演技指導のお仕事で関わっている「ELITE パフォーミングアーツ・
スタジオ」さんの発表会、「ELITE ア・ラ・カルト・ショー」をお知らせします。
小さいけれども、とても楽しくて、お得感満載のイヴェントです。
私は出演しませんが会場には常におりますので是非ご来場下さい。

............................<information>............................

タイトル:「ELITE ア・ラ・カルト・ショー」
      オーナー役/金丸仁美(ELITE主宰)
      支配人役/堀結花(ELITE表現レッスン講師)
      シェフ役/中嶌一彦(ゲスト)※a.k.a.おやじダンサーズ
      ギャルソン達/井上和樹、西田亮、
             渡猛&小田篤志(日のみ)※a.k.a.東京コメディストアJ

※その他にフレンチ・カンカン嬢等もおもてなしをするリストランテ仕立てです。


日時:2006年4月29日(土)、30日(日)
   
時間:18:30開場 19:00開演(両日共)

料金:500円 ※ウェルカムドリンク&プチガトー付き

場所:国立オリンピック記念青少年総合センター http://nyc.niye.go.jp/
     (最寄り駅:小田急線 参宮橋駅)
    ※舞台用設備のない小さな部屋で開催します。
     
予約受付:2006年4月9日(日)より受付中。
     ※席数に限りがありますので、お早めのご予約をお勧め致します。

予約用E-mailアドレス:elitehit@ybb.ne.jp
(Elite Performing Arts Studio Official Site:http://elite.okoshi-yasu.com/
  ※『お名前・ご連絡先(携帯等)・ご希望の日(4月29日又は4月30日)
   ・予約人数・エリート関係者又は出演者名がわかればご記入ください』とのこと。


*   *   *   *   *   *   *

【 メ ニ ュ ー 】


『お出迎え&ウェルカムドリンクサービス』
出演:中嶌一彦、堀結花、ダンサーズ・スタッフ一同 

1:『オープニング・カンカンダンスショー』
Hitomi、かとりーぬ、AYAE、Satomi、Chie、かれん、AKIRA、ORIE

2:芝居『心理劇 鍋レオン』
※image
出演:人見はる菜、内場誠茂、松本健、金丸仁美、則枝千絵(日のみ)、かとりーぬ

3:DANCE 高級中華『Chinoiserie』
出演:AKIRA、ORIE、かれん

4:芝居『肉まん物語』
※image
出演:佐藤菜見子、ワタナベアツシ、こんのゆり、金野恵奈 

<15分休憩 >

5:芝居『女優R』
※image
出演:内場誠茂、こんのゆり、山口友和、松本健、
   かとりーぬ、三澤綾恵、相馬里美(土)/則枝千絵(日)

6:DANCE デザート『What's u want?』
出演:Satomi(on sat.)/Chie(on sun.)、HITOMI、かとりーぬ、AYAE

 
 
 
 

近況

  • 2006/03/03 13:57
  • Category: stage
「ELITEパフォーミング・アーツ・スタジオ」が4月末に行う演劇発表会へ向けて現在、3本の芝居の演出と演技指導の仕事をしています。
毎日忙しいですが、とても楽しんで取り組んでいます。

EVENTやります

  • 2005/11/28 01:01
  • Category: stage
12/18にささやかなイヴェントを行う運びとなりました。
皆様この機会に是非ご来場下さい。

---------------------------------------------------


【 The Chronicle of 'Et in terra pax' 】
 ~ Et in terra pax presents for fan ~


■日 時
 2005年12月18日(日)19:00 start
 (※18:30入場整理開始/18:45開場/19:00開演/11:45終演予定)

■イヴェント詳細案内
 Et in terra pax official site 
 URL:http://www.path.ne.jp/~hbv/eitp/index.html

■チケット予約&問い合わせ(E-mailのみ)
 eitp@main.office.ne.jp
 ※メールタイトルに「12/18予約」とご記入下さい。

■料 金
 1500円 (チャージ&1drink込+イヴェント鑑賞料)
 ※先着24名様完全予約制(招待枠なし) Eメール受付順
 ※終演後は入場自由(「nipponeer」は明朝までオープン)

■会 場
 西新宿「nipponeer(ニッポニア)」
 住所:東京都新宿区西新宿7-19-22 ダイカンプラザCity103
 地図:http://www016.upp.so-net.ne.jp/nipponia/map.html

■主 催
 Et in terra pax(エト・イン・テラ・パックス)

■内 容
 ・Et in terra pax 映像作品一挙上映
 ・有村肯弥 朗読パフォーマンス
 ・DVJプレイ(ゲスト:ニッポニア・エレクトロニカ)
 ・過去の作品の企画書、台本、チラシ等の閲覧可能
  ※司会:末吉 栄子(Et in terra pax 制作部)

[ 第1部 ] 作品上映 <video compilation>  
  『脚韻前綴は死せり (1993)』 1993年度製作
  『[nou ru:m] (1994)』 1995年度製作
  『Humidity of Transmission (1996)』 1997年度製作

                  - 休憩 -
 
[ 第2部 ] 作品上映 <映像作品>  
  『IDEEN』
   小沢和史監督 短編映画・有村肯弥プロデュース 2003年度製作
  『yuf』yuf 2004年度製作

                  - 休憩 -
 
[ 第3部 ] 朗読パフォーマンス  
  『序』(テキスト:宮澤賢治)出演:有村 肯弥/映像:須佐 岳彦
 
[ 第4部 ] 作品上映 <Et in terra pax Reading 記録映像>
  『Lafcadia introduction1「耳なし芳一 」』 2005年度製作
  『To freeze or not to freeze: ...』 2005年度製作

[ 第5部 ] スペシャルゲスト <DVJライヴ>
   出演:ニッポニア・エレクトロニカ

                  - 休憩 -
 
[ 第6部 ] 朗読パフォーマンス  
  『類推の魔』(テキスト:S・マラルメ)出演:有村 肯弥/映像:須佐 岳彦

[ 第7部 ] 作品上映 <記録映像編集作品>
  『evil (1999)』 2005年度製作

                  - 終了 -
 
 
                  (※プログラム一部変更の可能性も有り)

---------------------------------------------------------------

ゲストの「ニッポニア・エレクトロニカ」さんは稀代のDVJ。
皆さんに彼のプレイをご覧頂きたくてお願いしました。

私の朗読にイメージ映像を付けて下さる須佐岳彦氏は、
優雅でアンビエント、たおやかで現代的な映像インプロビゼーションを展開します。

今回ご協力頂くこのお二方に共通しているのは「健やかで清く明るい」こと。
その中でニッポニア・エレクトロニカさんは動的、須佐氏には静的な印象があります。
どうぞご期待下さい。

To freeze, or not to freeze: ...

  • 2005/07/24 01:59
  • Category: stage
Iceroom2.jpg


先にお伝えしてある8月14日のイヴェントで発表する、
Et in terra paxの小品について詳細をお知らせします。
今回の朗読パフォーマンス「To freeze, or not to freeze: ...」では、
‘人のマインドが氷結する寸前、絶対零度の瞬間’をとらえてみようと思っています。
お近くの方、是非ご来場下さい。

■タ イ ト ル :To freeze, or not to freeze: ...
■日   時 :2005年8月14日
■会   場 :下田・南豆製氷所跡地内 冷凍室(静岡県下田市1丁目6-18)
■入 場 料 :無料(全席自由)
■出   演 :Et in terra pax
           有村 肯弥 - 朗読パフォーマンス・コンセプト
           森 崇 - 音楽・音響
           杉山 智之 - 映像・照明
■朗読テキスト:「水のミラージュ」澁澤孝輔
■イヴェント名:日韓友情年2005事業 Dance and Media / LIVE 2005
        『建築/サウンド/パフォーマンス』
■主   催 :Dance and Media Japan http://dance-media.com/ws_page/ws_shimoda2005.htm

 協   賛 :カメオインタラクティブ
 後   援 :下田市
 協   力 :下田市商業協同組合、南豆製氷所応援団
        NPO地域再創生プログラム
 助   成 :セゾン文化財団

次に取りかかっています。

  • 2005/07/22 06:11
  • Category: stage
南豆製氷所跡地


静岡県下田市の「南豆製氷所跡地」で小さな作品を創ります。
写真がその会場です。
Et in terra paxの作品タイトルや構想は、まだ公表していません。
先に今回のイヴェントを主催しているDance and Media Japanさんの企画について紹介しておきますね。

イヴェント名は
‘日韓友情年2005事業 Dance and Media / LIVE 2005『建築/サウンド/パフォーマンス』’です。
基本的に合宿型のワークショップなのですが、私はゲストでお招き頂いているので、
8月12日から静岡へ入り、14日に作品を発表するというスケジュールになります。
詳細を案内してあるページはこちらです。
http://www.dance-media.com/ws_page/ws_shimoda2005.htm
まだワークショップ参加者募集中だそうですので、ご興味お有りの方は是非ご応募を。

イヴェントの観覧は、ワークショップを受講してらっしゃらない方でもOK。むしろ大歓迎です。
入場も無料ですし、他の講師の皆さんのデモンストレーションも観れます。
ご近所の方、ご旅行で近くに行かれる方、用事はなくても観たい方、
この機会をお見逃しなきようお願い致します。

今回のEt in terra paxは、音楽と音響を森崇氏、映像・照明を杉山智之氏、
コンセプト・美術・朗読パフォーマンスをアリムラが担当し、3人だけで作ってきます。
とても趣のある建物ですので、「場所(トポス)」と存分にセッションしてみたいと考えています。
少しラディカルな小品になる予定です。お楽しみに。

- 来たるべき未来のために -

  • 2005/07/18 23:36
  • Category: stage
t_new.jpg

 64113_1389867748.jpg


現在、大阪の「サントリーミュージアム[天保山]」で行われている展覧会
『 GUNDAM 来たるべき未来のために 』に出展されている、
「ニュータイプテクノロジーラボ<フラナガン機関内>
(メディア・アーティスト八谷和彦さんのユニット)」の作品へ、庭師役で
アリムラがモデル出演しています。
お近くの方は是非覗いてみて下さい。

--------------------------------------------------------

『 GUNDAM 来たるべき未来のために 』

会  期 :2005年7月15日(金)~ 8月31日(水)
会  場 :サントリーミュージアム[天保山]
開館時間 :10:30~19:30(最終入場は19:00まで)※会期中無休

入 場 料:大人[高校生以上]1000円(900円)
      小・中学生600円(540円)
      シニア[60歳以上]700円 ※()は特別観賞券です。
前 売 券:大人[高校生以上]850円 小・中学生500円
公式サイト:http://www.gundam-exhibition.jp/

公演、終わりました。

  • 2005/07/18 01:13
  • Category: stage
「耳なし芳一」公演の様子(プロローグ)


報告が遅くなりましたが、7月10日の朗読公演は無事終了しました。
予想していた以上の集客で、取りあえず良かったです。
今年後半もこの調子で、めいっぱい活動しようと思っています。

準備

  • 2005/05/26 02:53
  • Category: stage
roudokus.jpg

ガンガンやってます。いい感じ。
(写真はチラシ用で撮影に行った際、ラフで撮ったものの一つ)

公演、決まりました。

  • 2005/05/10 18:49
  • Category: stage
本公演『Lafcadia』のプレ公演として、シンプルな朗読会を行うことになりました。


■タイトル:   Et in terra pax Reading 『Lafcadia introduction1 耳なし芳一』
■イベント形態: 朗読
■日時:     2005年7月10日(日)・午後3時~ /・午後6時30分~(計2回公演)
■料金:     2000円(前売り/当日共)
■場所:     みたか井心亭(せいしんてい) http://www.mitaka.jpn.org/seishin/
         東京都三鷹市下連雀2-10-48
■チケット予約・問い合わせ:Dance and Media Japan
         phone/03-5342-3613 e-mail/dmj_tokyo@yahoo.co.jp


花や緑の多い遊歩道を通ってお越し頂ける、純和風数寄屋造の一軒家で、とても良い所です。
作品概要等の詳細は
「Dance and Media Japan 公演情報」http://dance.pao.to/page/promo_etin01.htm
「Et in terra pax オフィシャルサイト」http://www.path.ne.jp/~hbv/eitp/index.html
「Arimura kohya web+」のBBS http://www.path.ne.jp/~hbv/
「mixi」http://mixi.jp/home.pl
等で告知致します。
お友達お誘い合わせの上、是非ご来場下さい。

Pagination

Utility

profile

Eitp

  • Author:Eitp
  • Et in terra pax is an theater-performance team formed by the performer Kohya Arimura(有村肯弥) in 1991.
    This is solo project of her.
    The project is combine the silent solo performance with the border transgressive space created by music, art, video, text and lighting, in order to show a manifestation of consciousness and sensitivity.
    And continue to produce a solo stage of her is reading+sounds+Scenic art of a new style in recent.

    "Et in terra pax, hominibus bonae voluntatis."
    〈And peace in the earth, for the good faith people.〉

calendar

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

armr < > Reload

Search this blog

月別アーカイブ