Et in terra pax official BLOG | 2004年12月 <font face="Optima">Et i terra pax official BLOG</font>

岩名雅記氏

数年来の知人である岩名雅記氏の舞踏を久しぶりに拝見したかったので、
『PERSPECTIVE EMOTION #7(未知の地平へ)』というイヴェントを観に行った。
イヴェント内容については、説明するほど価値のあるものになっていなかったので
割愛させて頂いて、
興味のある方は次のサイトで確認して下さればと思う。
http://www.khoomei.jp/pe7/
http://homepage3.nifty.com/crosstalk/news.html

齢60でキャリアも実力もある岩名氏だけど、
日本のパフォーミング・アーツ環境から脱して仏国ノルマンディーに拠点を置いているので
こちらでの知名度はあまり高くない。
彼の舞踏は、誰にも師事せず、どこの踏派にも属さず、
自然の変化に敏感な意識と感性と、自分の身体との対話だけで研ぎ澄まされてきた。
ストイックに切りつめられた動きで多くを語るその踊りは
とても水準が高いし、他に類を見ない。

そんな恐るべきアーティストなのに、いくらなんでも、
このような愚とも付かない連中とゴチャ混ぜでステージに立たせるなんて…。
何が即興の可能性だ、礼儀知らず達め。
君等の目は節穴か?
主催者は、自分が「実験」と銘打った中途半端なもので
観客から金を取っている事について自覚し、恥を知るべきだ。
と、正直思った。

けれど、強いて言うと、
タイプも質も違う圧倒的な物量の中で自分の演技を機能させるためには
全体を把握する能力と、その中においてどう際立つかを計算できる演出力が必要なので、
その力のある者とない者が一目で判る状態になる、という部分が面白い出し物だと言える。
中でも、ダンサーではなくパフォーマーにカテゴライズされている参加者の場合は、
自分の振るまいにどのくらいシビアであるか等の姿勢そのものが問われ、
それが否応なく現れる。
要するに、参加者の真の実力とアイデンティティが観客に如実に示される、
というところをポイントにすると私でも楽しめるイヴェントなのかもしれない。
でも残念なのは、そのような出し物の中でキラリと光る人物が殆どいない事だった。

岩名氏は、本年夏から莫大な費用をかけて作っている舞踏の自主映画『朱霊たち』の撮影で
随分と無理をしているらしく、
「最近は身体を壊して踊っていなかった。撮影はほぼ終わっているが、あと少し撮り足す。
来年いっぱいで映画のことを全部終えて、2006年からは本分にかかりたい。
生きていればね(笑)。」と、おっしゃっていた。

数年前の岩名さんがそうおっしゃるなら冗談と受け止められたけど、
この日の岩名さんからは、そう言われても笑えなかった。

彼ももう、カウントダウンを始めているのだろう。
後悔したくない。
いつか必ず共演しようと思う。

http://www.iwanabutoh.com/

Pagination

Utility

profile

Eitp

  • Author:Eitp
  • Et in terra pax is an theater-performance team formed by the performer Kohya Arimura(有村肯弥) in 1991.
    This is solo project of her.
    The project is combine the silent solo performance with the border transgressive space created by music, art, video, text and lighting, in order to show a manifestation of consciousness and sensitivity.
    And continue to produce a solo stage of her is reading+sounds+Scenic art of a new style in recent.

    "Et in terra pax, hominibus bonae voluntatis."
    〈And peace in the earth, for the good faith people.〉

calendar

11 | 2004/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

armr < > Reload

Search this blog

月別アーカイブ