Et in terra pax official BLOG | 明日のために? <font face="Optima">Et i terra pax official BLOG</font>

明日のために?

タイトルに挙げられているテーマに興味があったので、演劇ワークショップを事業として展開している世田谷パブリックシアターが主催する、【演劇ワークショップの未来を考える実験ワークショップ「明日のために」】という
ワークショップに参加してみた。

これは今月22、23、25日に開催されたファシリテータのためのワークショップで、私は中日にしか参加できず、富永圭一氏のレクチャーを受講しただけだったけれども世の演劇ワークショップのファシリテータがどのくらいフレキシブルにその時々のワークショップと向き合っているのかがよく解り、今後、自分の表現・演技ワークショップを開催する際の目安にもなるものだったので、参加して良かったと思う。
私にとっての収穫は‘ファシリテータが何を思い、どういう葛藤を抱えながらレクチャーしているか’が知れたこと。
しかし内容自体はよくあるワークショップと大差なく、1日参加しただけでは、その実験性を感じることができず、少々残念。

参加者は15名と聞いていたが実際は50名ほどおり、盛大なものになっていた。
演出家や劇団主催のワークショップの場合、参加者の鍛錬を目的にするものが多く、割合的には男女半々で伸び盛りの人が多いものだが、今回のワークショップに女性が多く、割と中年の方も混ざっているのは、「未来へ向けて後続を育てる」「自己の鍛錬より他人の成長を補佐する」という特性のものだからだろう、と思う。
http://www.setagaya-ac.or.jp/sept/workshop/06-2-7-2-3.html

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://eitp.jp/tb.php/84-3839865e

Utility

profile

Eitp

  • Author:Eitp
  • Et in terra pax is an theater-performance team formed by the performer Kohya Arimura(有村肯弥) in 1991.
    This is solo project of her.
    The project is combine the silent solo performance with the border transgressive space created by music, art, video, text and lighting, in order to show a manifestation of consciousness and sensitivity.
    And continue to produce a solo stage of her is reading+sounds+Scenic art of a new style in recent.

    "Et in terra pax, hominibus bonae voluntatis."
    〈And peace in the earth, for the good faith people.〉

calendar

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Twitter

armr < > Reload

Search this blog

月別アーカイブ